さんぽ

ここ数週間を振り返ると、とてもひまです。ひますぎて毎日散歩をしています。そして、散歩がだいすきになってしまいました。 何も考えずに花や木と会話していると、思考が整理されたり、新しい考えが浮かんできたりします。多少ゆとりがある生活の中で自然と戯れる時間ってさいこうだなとおもいます。
さて、かのニュートンは、その学生時代にロンドンでペストが流行し、ケンブリッジ大学が休校に追い込まれました。そして、ペストを避けて1655年から1656年の間、故郷のウールスソープに戻り、研究に打ち込みました。かれの三代業績はすべてこの時期に完成されたと言われています。このような時期だからこそ、思考にふけることができるのかもしれません。大変な時期ですが今は人との交流を我慢して日々大切に学び考えていきたいとおもいます。のだ。
iPhoneから送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*