前半にたたみかけるな

練ランがりんかと同じすぎてふひとに怒られそうなだけでなく、ハーレムが多すぎて全員を敵に回しそうなTAです。 さて、たにっきですが、鬼ころしが動く度に悲しい気持ちになることや、写真フォルダを整理する度に悲しくなることや、この前ベッドで伸びをしたら枕元に置いてあるサボテンが手に刺さって悲しい気持ちになったなんていう、みなさんにとって面白いだろう話をするのも考えたのですが、自分としては面白くないので、この前出会った覆面の話をしようと思います。
この前友達と千葉の方までドライブに行ったときの帰りの話です。60キロ制限の道路で、その日1日楽しくて浮かれてたんでしょうね、「制限速度は最低速度」なんて言って覆面もケアらず100キロで前の車に付いていってたら、突然後続車のナンバープレート(?)が赤く光りだしたんです。最初は何が起きたのか分からなくて救急車とかなんじゃないかって思って左車線に避けてみました。そしたらその車がぴったりと横に付いて、その車の人と目が合ってしばらく見つめあったんですね。多分0.5秒くらいだったんでしょうが5秒くらいに感じました。二人の間にさぞかしロマンチックな時間が流れてたんでしょうね。一目惚れかと思いましたよ。胸のトキメキも収まらない中、我に返ったらもうその赤い糸ならぬ赤い光で繋がれたその車はいなくなっていました。
まあそれだけの話です。最後の方オチも何もないです。出落ちですね。はい。オチの無い話するならサボテンの話を掘り下げろって?勘弁してください。

“前半にたたみかけるな” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*